小規模の価値 



路傍の花に どれだけ 助けられたか 知れない
(但し お金には ならない)
追記/補足を読む

東京湾を泳ぐ人 

人とほとんど会わなくなって、
二度目の夏が終わった。

猛然と、猛然と、
貨物船の行き交う東京湾を泳いでいく人を見て、
その命の行方を、感じ取ろうとしてみる。

それはまるで、二重窓の向こうを、
巨大なエンジンが通り過ぎていくように感じる。

私の命は、他人の命を聴き取れなくなって来ているのかもしれない。
それがいいことなのか、悪いことなのかは、よくわからない。

命の行方について。

悲しみに笑う昼顔 

「昼顔を観想の対象として見つめると、
人間は悲しみの感情を覚えるはずだ」
そう言ったのは、たしかR・シュタイナーだったろうか。
もう、忘れてしまった。

雨に打たれる昼顔をいくら見つめても、
これといって、悲しみの感情は湧いてこない。

むしろ、このような雨、
このような状況下にあって、
花が少し、笑っているようにも見えてくる。

本当の悲しみを知っている人間だけが見せる、
ある種の微笑みのような。


一本道(或いは中年期以降について) 


迷った果てに 一本道
困っても困っても 一本道

あと少し 


あと もう少し