記憶という他者 

自分の記憶 というより
記憶そのものが 主体性を持った
他者のように思えてくることがある

記憶という他者と 向き合う

kiokutomukiau2023_1.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mushiof.blog.fc2.com/tb.php/758-5e1f4eb3